blog
ブログ

AfterEffectsで文字をペンで書いているようなアニメーションの作成方法

After Effectsでペンで文字を書いているような
アニメーションの作り方をご紹介します。

今回は「ツナグ」の文字を
イラストレーターで手書き風に加工したものを
使ってできあがるまでを紹介したいと思います。

まずは下の動画をご覧ください。

完成イメージ

右からペンが出現し「ツナグ」の文字を
書いていく様子を作成しました。

それでは設定の方法をみていきましょう

ステップ1:コンポジションを作成します

・3840px × 2160px
・30フレーム
・デュレーション10秒

上記設定で作成します。

ステップ2:AfterEffectsでイラストを読み込みます。

ツナグの手書き文字は、

パスの変形→ラフ

でエッジ部分を手書き風に加工します。
また細かくレイヤー分けをしておいて、別々に出現させられるようにしておきます。

After Effectsで読み込むと上の画像のように、
イラストレーターでのレイヤー分けがAE でも反映されています。

ステップ3:まずは文字の出現アニメーションを作成します。

まずは、それぞれのレイヤーを選択した状態で、
上の画像のようにペンツールを選択し、書き順通りに端と端をパスでなぞります。

次にエフェクト→描画→線を選択します。

上の画像のように、わかりやすく線に色をつけて元のイメージが隠れるぐらいの太さにします。
そしてパスのキーフレームに合わせて、「終了」のパラメーターにキーフレームを打ち、
0%から100%に設定しペイントスタイルを「元のイメージを表示」に設定します。

他の文字も同様に設定していきます。
2画の場合は上の画像のようにパスを打ちます。

上の画像のように、「グ」まで設定します。

ステップ4:最後にペンのアニメーションを設定します。

まずはペンのレイヤーを選択し、アンカーポイントをペン先に設定します。
次に、各レイヤーのパスのキーフレーム合わせて、
ペンの位置のキーフレームを、出現のタイミングをうまく合わせて打っていきます。

ペンが画面外にはけるまで設定したら完成です。
動きが出現のタイミングとあうようにイージング(F9)なども使用し
調整してみましょう。

まとめ

文字が書き順通りに出現アニメーションだけでも良いですが、
ペンのアニメーションが追加されるだけで演出として面白くなると思います。
このように違うアニメーションをの組み合わせは、
他にも応用できるものになるので、
切り分けてアニメーションを考案し、
後々面白いアニメーションになるよう、
色々組み合わせる演出を考えてみるのも良いかもしれません。

まずはご相談ください

最新情報