blog
ブログ

AfterEffectsでガラスのような表現を作る方法

After Effectsで、ガラスのような表現作る方法をご紹介します。

場面転換の際の演出などで、
手前にいくつものガラス板のようなものを
左右からアニメーションさせ
演出している動画を見たことありませんか。

上下左右にアニメーションで出現させたガラス風のオブジェクトで、
視線を真ん中へ集中させたり、
動きの少ない映像にプラスαとして使える演出です。

それでは下の完成イメージをご覧ください。

完成イメージ

ベランダで遠くを眺める男性から
外の景色へと流れていく映像の最後に、
調整レイヤーで作成したガラスのようなオブジェクトを
右上、左下からそれぞれ出現させて止めるまでを作りました。

それでは設定の方法をみていきましょう

ステップ1:コンポジションを作成します

コンポジション設定のイメージ画像

 

・3840px × 2160px
・30フレーム
・デュレーション10秒

上記設定で作成します。

ステップ2:動画を配置し、その上に新規調整レイヤーを作成します。

 

先ほど作成したコンポジションに、
上の画像のように動画ファイルを配置します。

新規調整レイヤーを配置するイメージ画像

 

次に動画レイヤーの上に
上の画像のように新規調整レイヤーを作成します。

調整レイヤーパラメーター設定イメージ画像

作成した調整レイヤーをガラスのようにするため、
以下のエフェクトを適用します。

●色かぶり補正、●ズーム、●ブラー(ガウス)(レガシ)
色合いでガラスを通した事による色の変化を
ズームでレンズ効果的な変化を、
そしてブラーでガラスを一枚通すことによるくすみのような変化を出します。

設定は上の画像のようにして、
これでガラスのようなオブジェクトが一つ完成です。

ステップ3:調整レイヤーを複製し、ガラスオブジェクトを増やしていきます

調整レイヤーの複製イメージ画像

次に上の画像のように、
調整レイヤーを複製し、
ガラスオブジェクトを増やします。
増やしたガラスオブジェクトは、
それぞれパラメーターを調整して設定を少しづつ変えます。

調整レイヤーをサイズ変更したイメージ画像

複製と調整が終わったら、
右上と左下からのアニメーションとなるので、
スケールの鎖チェックを外して縦にスケールアップします。

さらに回転をかけて、
右上、左下それぞれ画面外に配置。

ガラスオブジェクトの移動アニメーションイメージ画像

最後に任意のタイミングで、
調整レイヤーそれぞれ位置パラメーターに
キーフレームでタイミングをずらしながら
移動するアニメーションをつけていきます。

動きに面白さや特徴を出すため、一定ではなくスピード・距離などを
少しづつ変えながら設定すると良いと思います。

まとめ

冒頭でも書きましたが、
場面転換の際の演出などでも役に立ちますし、
単純に形を変えてパラメーターを変えれば
違った表現もでき、応用がききます。

映像を飾りつける装飾としても使えますので、
是非いろいろな場面で使用してみてください。

まずはご相談ください

最新情報